2018.1.13 sat -1/26 fri

元町映画館にて上映されます『リベリアの白い血』

今回の上映に合わせて、この映画を撮影した村上涼さんの写真展をmojaにて行うことになりました。

 

村上涼

ニューヨークを拠点に、映画の撮影監督、写真家、映像作家として活動した村上 涼。

1979年7月8日愛媛県に生まれ、幼少時代から高校時代までを徳島県と香川県で過ごす。19歳で単身渡米、その後15年間にわたりアメリカでの生活を続けた。

ウータン・クラン、アリシアキース等著名なアーティストのミュージックビデオを撮影した他、作品の数々はベルリン国際映画祭や、トライベッカ映画祭等の著名な映画祭で上映され、ニューヨーク・エミー賞のノミネートや、ロサンゼルス映画祭最高賞等、数々受賞している。

2013年、村上の自主制作ドキュメンタリー映画から着想を得て制作された長編劇映画『リベリアの白い血』(原題:Out of My hand)で撮影監督を務めたが、リベリアでの撮影を終えてニューヨークの自宅に戻って間もなく、重度のマラリアを発症し、34歳の誕生日を目前に控えていた6月29日、あまりに唐突で早すぎる死を迎えた。

 

今回リベリアのゴム農園で実際に働く人々の写真がmojaで展示されてます。

アフリカの写真と言えば、明るい人々の写真や、部族の人たち、難民キャンプなどなど、いろいろとイメージできます。

今回の写真展では、どちらかと言えば、一般的にアフリカの写真とイメージする写真ではありません。

 

ですが、何げない日常、リベリア人の表情がとてもリアルに感じ、リベリアの人々が、みじかに感じる写真たちです。

 

 

是非、元町映画館『リベリアの白い血』、moja『村上涼 写真展』をお楽しみください。

 

最後に村上涼さんが撮影した

アリシア・キース×蜷川実花

Girl On Fire

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =